インパール作戦は終わらない【果たされたインドとの約束】

Advertisements

ふたりのボース

インドの英雄(えいゆう)ラース・ビハーリー・ボース (रास बिहारी बोस )スバス・チャンドラ・ボース(सुभाषचन्द्र बोस ) は日本と強い(つよい)関係(かんけい)がある。二人(ふたり)ともいまだに日本に眠(ねむ)っている。

रास बिहारी बोस

新宿中村屋(しんじゅくなかむらや)

中村屋のボース

http://www.geocities.jp/marikatokyo/topics/bose/bose1.htm

http://www.chandernagorheritage.com/

सुभाषचन्द्र बोस

http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2012/06/post-1317.html

蓮光寺(れんこうじ)

スタンリーのお弁当箱

インドの映画(えいが)がだんだんと日本に紹介(しょうかい)されるようになってきた。「スタンリーのお弁当箱(べんとうばこ)」は現在(げんざい)日本(にほん)各地(かくち)で上映中(じょうえいちゅう)である。

公式(こうしき)サイト

アモール・グプテ監督(かんとく)パルソーくん インタビュー

インド・日本交流

クンナ・ダッシュ氏(し)という人がいて、インド日本友の会(とものかい)を創設(そうせつ)し、インドと日本の交流(こうりゅう)促進(そくしん)に貢献(こうけん)しているらしい。

インド人が日本を訪れる(おとずれる)にはホームステイもいいのかもしれない。

明覚上人と50音図

ほっと山代情報局(やましろじょうほうきょく)によると五十音図(ごじゅうおんず)が使(つか)われるようになったのはおおよそ1100年(ねん)ということになる。

以下(いか)「明覚上人(みょうがくしょうにん)と梵字(ぼんじ)」より抜粋(ばっすい)

明覚上人(みょうがくしょうにん)は、1056年(天喜(てんき)四年)の生まれで、比叡山(ひえいざん)に住(じゅう)して天台宗(てんだいしゅう)の僧侶(そうりょ)として修行(しゅぎょう)を積(つ)み、「悉曇大底(しったんたいてい)」(1084年)、「反音作法(はんいんさほう)」(1093 年)、「悉曇形音義(しったんけいおんぎ)」 (1098年)、「四家悉曇記(しけしったんき)」(1098年)、「悉曇要訣(しったんようけつ)」(1101年)と多(おお)くの著作(ちょさく)を残(のこ)してきました。」

明覚(みょうがく)『梵字形音義』(ぼんじけいおんぎ)所収(しょしゅう)の悉曇章(しったんしょう)

「五十音図の話」(ごじゅうおんずのはなし) 馬渕和夫(まぶちかずお)