教材作成開始

私に日本語をインドで教えさせてくれるという話がついに現実化しようとしている。

9月6日にパスポート申請したら10日もしないうちにパスポートがついた。16日にインドのビザを申請したら18日にはビザがおりた。22日に航空券を買ってしまったら、渡印までの時間が迫っていることが現実味を帯びてきた。

大学で日本語を教えるといえば教材の準備をしなくてはならない。昨日UBCからの帰宅途中に良いアイデアがうかんだ。それは、サンスクリットとヒンディーと日本語を対応させた教材を作る事であった。

さっそくサンスクリット語対応の五十音図を作り上げるた。我ながら良く出来たものと、感心した。今朝はこのブログを開設した。このブログとグーグルサイト、グーグルDocsとの3本立てで教材を作ることに決心した。

日本語は曽我松雄氏の「Foundations of Japanese Language」、ヒンディー語はUsha R. Jain の「 Introduction to Hindi Grammar」、サンスクリット語はGoldman の「Devavanipravesika: An Introduction to the Sanskrit Language」を参考にすることにした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s