五十音図

まずは五十音図(ごじゅうおんず)ということで、サンスクリットと五十音図の関係(かんけい)を述(の)べているサイトを検索(けんさく)したら面白い(おもしろい)サイトが見(み)つかった。

このサイトによると、なんでも五十音図は石川県(いしかわけん)の山代温泉(やましろおんせん)のあたりで作られたということになる。そのことを町(まち)おこしのひとつとしてルロワ東出(ひがしで)康江(やすえ)氏がブログを書(か)いたり、エベントを開催(かいさい)したりしているらしい。

五十音とサンスクリット~インドから日本へ~

(仮)(かり)五十音とサンスクリット~インドから日本へ~

明覚上人(みょうがくしょうにん)と梵字(ぼんじ)

下記(かき)は、仮名(かな)の歴史関係(れきしかんけい)のリンクである。仮名(かな)は西暦(せいれき)1000年以降(いこう)にインドのサンスクリットに基(もと)づいて僧侶(そうりょ)たちが作り出したものであると述べている。

50音図の話(ごじゅうおんずのはなし)

仮名の歴史(かなのれきし)

サンスクリット語(ご)・その形(かたち)と心(こころ)

五十音図の来(き)た道(みち)

はてさて、空海(くうかい)(弘法大師(こうぼうだいし))と契沖(けいちゅう)は五十音の歴史(れきし)において、どう位置(いち)づけされるのだろうか。

五十音図の話

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s